運命の相手を見逃してしまう恐れがある婚活

世界には、その国々によって定められた法律というルールがあります。

スポーツの世界にも、それぞれのスポーツに定められたルールがあります。

会社にも、それぞれの会社によって異なりますが、社則というルールが定められています。

運命の相手を見逃してしまう恐れがある婚活
学校にも、校則という定められたルールがあります。

このように、私達が生活していくうえで「「ルール」は無くてはならない存在なのです。

「ルール」という規則が存在するお陰で、人はより良い生活を送る事が出来るのです。

「婚活」も例外ではありません。

もちろん最低限に定められた「ルール」が存在しています。

そこで、今回は結婚相談所などで定められている「ルール」をご紹介したいと思います。

ですが、定められている「ルール」は結婚相談所などによって異なりますので、今回ご紹介する「ルール」が絶対とは限りませんので予めご了承ください。

先ず初めに、結婚相談所に登録している情報に変更があれば、必ず変更の手続きを行わなくてはなりません。

例えば、住所、電話番号、メールアドレス、職業、年収などです。

また、結婚相談所から紹介して頂いた相手側のプロフィールは、確認後必ず結婚相談所へ戻し、その情報内容は他言無用とされています。

相手側からお見合いの申し出があった場合には、長い期間待たせておく事は相手側に失礼となってしまいますので、なるべくは一週間以内に返事をするようにしましょう。

相手の申し出をお受けしお見合いをする場合でも、なるべく早めに、一週間以内にお見合いの日程を決めるようにしましょう。

万が一、お見合いの当日に何らかの事情で遅れる場合や、来れなくなった場合には、必ず結婚相談所の担当の方に連絡を入れる様にしましょう。

ですが、当日のキャンセルは、相手の方にとても失礼な事にあたりますので、相当な理由がない限りキャンセルする事は避ける様にして下さい。

またお見合いの際に、相手の方にこれまでの恋愛経験やお見合い経験などを、お聞きする事は控えるようにしましょう。

お互い初対面ですので、このような相手の方の過去にまで突っ込んだ内容の話しは、避ける事が暗黙のルールです。

その他にも暗黙のルールとして、お見合いの際の飲み物代は女性の方の飲み代も、男性の方がお支払する事が当然とされています。

また、お見合いでお話が弾みお互い良い印象を持った場合でも、その場で連絡先の交換をする事は、後にトラブルを招く可能性がありますので避ける様にしましょう。

お見合いが終了し、交際の有無を結婚相談所の方へ連絡する際は相手側の事を考慮し、なるべく早めに連絡を入れるように心掛けましょう。

以上のように、結婚相談所を通して「婚活」を行う際には、このような様々な「ルール」が設けられています。

結婚相談所の「ルール」に従って、一生を共にする運命の相手を見つける事が出来ます様に・・・。